日系企業の9割が在宅勤務=人材会社調査

シンガポールで操業する日系企業の約9割が在宅勤務を導入していることが、人材紹介会社リーラコーエンの調査で明らかになった。特に政府が職場を原則的に閉鎖する「サーキットブレーカー」措置を7日に導入してからは、在宅勤務の割合はさらに増えた。 調査は4月2~8日に実施…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ後も柔軟な勤務体制 地場企業6割、在宅環境整備進む(18:27)

「仕事の未来」地域センター、国内に開設(18:10)

複合ケッペル、最大50億ドルの資産売却へ(18:10)

8月の銀行貸出残高、3カ月連続マイナス(18:10)

19年の運用資産額16%増、株式市場好調で(18:10)

UOB銀、法人向けデジタルバンキング刷新(18:10)

シティ、富裕層向けサービス拠点を開設(18:10)

建造環境向上の実験、現場で可能に(18:10)

10~12月の電気料金、平均9%引き上げ(18:10)

10~12月のガス料金、5%引き上げ(18:10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン