• 印刷する

テイクオフ:インドの警察が全土封鎖…

インドの警察が全土封鎖の違反者を処罰する革新的な方法が話題になっている。

一部地域では、違反者に厳しい処罰を与える代わりに、花吹雪を投げかけ、歌を歌うことで違反者を当惑させたという。また、北部ウッタラカンド州では、全土封鎖に違反して聖なるガンジス川の近くをうろついていた外国人10人に対し、「私は封鎖を守れませんでした。申し訳ありません」と紙に500回書くよう求めた。これらの外国人はイスラエルやオーストラリア、メキシコ、欧州諸国の出身者だったそうだ。

上空から警告を発するという手法もある。西部ムンバイでは、スピーカーを搭載したドローンを使用し、違反者を上空から追跡。違反者の監視を目的に、人口密度の高いエリアに複数台のドローンを配備したという。

一方、まるで歌手であるかのように、歌で家に閉じこもる人を楽しませる警察官もいる。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

新興投資、上期は2桁減 景気低迷とコロナの二重苦で減少(07/10)

新型コロナ、新興の7割に打撃=FICCI(07/10)

横河電機、日印ファンドへの出資で合意(07/10)

双日の関連企業、印バジャジの二輪車を発売(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

農業インフラ投資への支援策、内閣が承認(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン