鉄鋼大手が事業計画を続行、コロナ懸念も

新型コロナウイルスの感染拡大で、鉄鋼需要の低迷が予想される中、韓国の鉄鋼大手2社は従来通り事業計画を進める方針だ。 韓国鉄鋼大手のポスコは、大和工業(兵庫県姫路市)とのベトナム合弁会社、ポスコSSビナに2020年から3年間、計212億ウォン(約19億円)の整備費を投入す…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ対応で利下げ、過去最低の0.5%に(15:53)

新型コロナ感染者、79人増の1万1344人(16:38)

現代自とソニー提携、映画で技術アピール(16:38)

現代・起亜の新EV、LG化学も電池供給か(16:38)

現代自とGS、ソウル江東に水素充塡所開設(16:38)

テイクオフ:バスに乗ってマスクの着…(05/28)

日系半導体部材が現地生産へ 韓国国産化に対応、業界新常態に(05/28)

新型コロナ感染者、40人増の1万1265人(05/28)

小中学校の登校再開、90日遅れの新学期(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン