鉄鋼大手が事業計画を続行、コロナ懸念も

新型コロナウイルスの感染拡大で、鉄鋼需要の低迷が予想される中、韓国の鉄鋼大手2社は従来通り事業計画を進める方針だ。 韓国鉄鋼大手のポスコは、大和工業(兵庫県姫路市)とのベトナム合弁会社、ポスコSSビナに2020年から3年間、計212億ウォン(約19億円)の整備費を投入す…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、49日ぶり50人下回る(11:57)

テイクオフ:名節(民族的な祭日)症…(09/29)

サムスンが副会長を連日広報 司法と世論を意識、募る危機感(09/29)

新型コロナ感染、3日連続で2桁台(09/29)

サムスンがミニLED強化、聚積に出資か(09/29)

ソウル市、公務員に「連休の移動自粛を」(09/29)

南北通勤鉄道の第2期工事、発注が完了(09/29)

今年の大学入試、警戒「最高」でも実施へ(09/29)

政府推進のファンド、投資ガイドライン発表(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン