• 印刷する

外国人の給与、一時減額可能に=人材開発省

シンガポールの人材開発省は8日、職場や店舗の閉鎖を原則義務付ける「サーキットブレーカー」期間中に営業を中止せざるを得ない企業について、雇用する外国人の給与を一時的に引き下げても構わないとの見解を明らかにした。雇用維持と企業存続が狙いだ。

対象となる外国人は、就労ビザ(エンプロイメント・パス=EP)保持者とSパス(中技能向けの熟練労働者を対象とした就労許可)保持者。サーキットブレーカー期間中の給与については、ビザ発給の要件である、それぞれの保有者の月額給与を下回っても構わない。

給与引き下げにあたっては、あらゆるコスト削減策を講じていることを前提とする。シンガポール人や永住権(PR)保持者の従業員も含め、従業員の給与を25%以上引き下げる場合は、人材開発省に報告することを義務付けている。

人材開発省は雇用主に対し、政府からの外国人労働者税(人頭税)の免除や還付があることも加味し、従業員を公正に扱うよう求めている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(20:03)

新規感染373人、計3万3249人(28日)(18:16)

早期の総選挙実施、副首相が支持(17:07)

外国人単純労働者の削減、経済団体が反対(16:29)

国立大、環境債で3億Sドル調達(16:28)

テイクオフ:当地では約2カ月に及ぶ…(05/28)

「コリビング」住宅の需要堅調 コロナ後も在宅勤務で市場拡大へ(05/28)

サービス業売上高1%下落、コロナで娯楽悪化(05/28)

通年の輸出額、最大4%減少=企業庁予測(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン