人材依存のサービス業が苦境 感染対策で休業、減給や解雇も

シンガポールで、美容サロンなど遠隔で商品やサービスを提供することができない人材依存型のサービスが苦境に立たされている。新型コロナウイルスの感染対策として重要産業以外の事業所を閉鎖する「サーキットブレーカー」措置が取られているためで、既に減給や解雇が始まっている…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品サービス雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(07/10)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/10)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(07/10)

新規感染170人、計4万5783人(11日)(17:33)

新規感染191人、計4万5613人(10日)(11:48)

総選挙、与党勝利も野党が議席上積み(11:38)

新規感染125人、計4万5422人(9日)(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン