【為替・金利】マレーシアの為替・金利動向と展望・4月

■為替 ◆2020年3月の動向 3月は対米ドル・リンギは4.21前半で寄付き。3日にマレーシア中央銀行は今年2回目の0.25%利下げを決定。同日、米国時間に米連邦準備制度理事会(FRB)も0.50%の緊急利下げを実施すると、米ドルは軟化し、一時対米ドル・リンギは4.16割れを試…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:害虫との戦いは一戸建て…(10/25)

日系業況、7期連続マイナス 下半期調査、来期はプラス転換か(10/25)

新規感染5666人、累計243.2万人(10/25)

独メルセデス、域内の部品物流センター設置へ(10/25)

RM1=27.4円、$1=RM4.15(22日)(10/25)

ジョ州とトレンガヌ州、きょう第4期へ移行(10/25)

出光興産、中南部でブラックペレット生産へ(10/25)

ランカウイで外国人観光客受け入れ、来月から(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン