• 印刷する

テイクオフ:日本は新年度を迎え、各…

日本は新年度を迎え、各地の学校で新学期がスタートした。通常なら子どもも保護者も進学・進級を喜ぶところだが、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、不安を感じながらこの時季を迎えた家庭が大半だろう。

香港を離れ、日本に一時帰国している小学生の息子たちも7日に登校が始まった。退避先の地域でも感染者が連日見つかっており、通常通り学校を再開できるのか気になっていたが、教室の換気や設備の消毒など感染予防に配慮しながら授業を行っていくという。この日の始業式も児童が集まるのを避け、校長先生らの話を校内放送で聞いたそうだ。

子どもたちは友人らとの再会がうれしかった様子。一方で、感染が一日でも早く終息し、通い慣れた香港の学校に戻りたい気持ちも抱いている。いつになれば先を見通せるようになるのか。親も子も気をもむ日々が続いている。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「シートゥワーだが」。…(06/04)

経済活動の制限継続に懸念 日系関係者ら、入境制限延長で(06/04)

安全法、米スパイ駆逐狙い=香港の親中派研究者(06/04)

国家安全法巡り韓正氏と会談、行政長官(06/04)

安全法反対に支持訴え、香港民主派(06/04)

ペッグ制「優遇措置でない」、金管局総裁(06/04)

香港の5月PMIが改善、コロナ対策緩和で(06/04)

MPF利回り、5月はプラス0.82%(06/04)

カルフール同業買収、専門家「全聯の脅威」(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン