• 印刷する

20年予算を再編成、コロナで財政赤字5%に

インドネシア政府は、2020年度予算を修正することを決定した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で減速した、経済立て直しのための景気刺激策に伴う財政支出の増加により、財政赤字が国内総生産(GDP)比で5.07%に拡大するのを見据えた措置。当初予算では1.76%に設定していた。

予算構成の変更に関する大統領令『20年第54号』を3日付で公布、即日施行した。

歳入は当初予算から21%減の1,760兆9,000億ルピア(約11兆9,100億円)に縮小。国内収入のうち税収は22%減の1,462兆6,000億ルピア、税外収入は19%減の297兆8,000億ルピアに設定した。

歳出は当初予算から3%増の2,613兆8,000億ルピア。景気刺激策に伴う財政支出が拡大したため、中央政府の歳出は当初から約1割増の1,851兆1,000億ルピアに膨らんだ。うち新型コロナ対策予算として255兆1,100億ルピアを盛り込んだ。

財政赤字額は、当初の307兆2,000億ルピアから852兆9,000億ルピアに3倍近く拡大した。

7日付コンタンによると、スリ財務相は「新型コロナウイルスの国内での流行はまだピークとはいえない。今回の予算修正はあくまでも現在のシナリオに基づいた数字だ」と強調、今後の情勢次第では再び修正する可能性も示唆した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ流行などで格付下落も=ムーディーズ(09/18)

建設会社の半数が倒産、工事案件停滞で(09/18)

低所得家庭に太陽発電設備を 電力補助金の振り替えで普及促進(09/18)

配車ゴジェック、資金調達へブランド統一(09/18)

政策金利は据え置き、ルピア安への配慮で(09/18)

8月の新車販売確定値、59%減の3.7万台(09/18)

8月の自動車生産台数、72%減の3.4万台(09/18)

携帯端末の識別システム、15日から稼働(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン