• 印刷する

3千社の119万人が在宅勤務を導入、首都

インドネシア首都ジャカルタ特別州の労働・移民局は6日、同日までに州内で少なくとも3,290社の119万4,187人が在宅勤務を導入したと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、州政府は3月23日から外出自粛や在宅勤務を勧告している。

各企業が州政府に報告した人数を合算した。在宅勤務を呼び掛ける回状を公布する前の3月18日時点で在宅勤務を実施していたのは220社の2万1,589人だった。

労働・移民局は3日付の回状で、州内の企業に対する在宅勤務の勧告期間を19日まで延長すると発表。保健、食料・生活必需品、エネルギー、金融・決済システム、輸送、通信、その他基本的な社会生活に必要な分野を除いて、全ての企業に在宅勤務を実施するよう求めている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バタム市、企業などに衛生規律の順守を徹底(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

首都のPSBB違反1271社、違反は減少傾向(05/29)

ガルーダ航空国内便、搭乗に必要書類追加(05/29)

出入り許可証不所持、Uターン命令6千台超(05/29)

雲品酒店が中国市場進出へ、杭州にホテル(05/29)

高速道から17万台が首都に移動、過去3日で(05/29)

日産巨額赤字6712億円、2工場閉鎖・生産2割減(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン