中小企業の景況感、過去最低水準に

シンガポール事業連盟(SBF)と信用情報調査会社エクスペリアンが発表した2020年1~3月期の地場中小企業の景況感指数は48.3だった。前期の50.4から2.1ポイント低下し、09年の調査開始以来、最も低い水準となった。新型コロナウイルス感染症の拡大が背景にある。指数は50…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】デジタル化・現地化を促進 東南アジア日系企業の変革(上)(18:18)

小売売上高、閉鎖措置で過去最低の4割減(16:19)

4月起業件数、過去5年平均の7割止まり(16:37)

中小企業の賃料支援、対象は35%以上減収(17:03)

中小企業の資金繰り、政府支援で改善(17:07)

外国人入国者数が過去最低、4月は748人(15:27)

シンガポール航空、運航再開で感染予防強化(17:31)

カナダのメディコム、マスク工場設置へ(15:27)

建設3社が談合で罰金処分、動物園の入札で(15:27)

高級オフィス需要、テック企業がけん引か(18:08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン