スズキといすゞも工場停止 需要減や感染懸念、新型コロナで

インドネシアの日系二輪・四輪メーカーが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて4月に入ってから生産調整を始めた。ホンダ四輪とヤマハに続き、スズキが2日、四輪・二輪の工場の操業を一時停止すると発表。いすゞ自動車も既に製造を停止したことを明らかにした。需要の低…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アパートのベランダのド…(06/03)

国産防護服が国際規格取得 国内需要の次は輸出も視野(06/03)

5月のCPI2.19%、祭日期もコロナが影響(06/03)

MRTや通勤電車、乗車時の会話自粛を要請(06/03)

一部商業や飲食店の衛生手順、貿易相回状(06/03)

イー・エージェンシー、日系の資金調達支援(06/03)

ガルーダ航空、操縦士解雇で労組反発(06/03)

鉱業廃棄物の深海廃棄、2社が許可申請(06/03)

繊維製品にセーフガード発動、22年11月まで(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン