《労使》縫製労働者が操業停止提案、経営は後ろ向き

ミャンマーの労働者団体が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的に、4月の1カ月間、縫製工場の操業停止を求めている。しかし企業側は、操業停止に後ろ向きの姿勢を示している。フロンティア・ミャンマー(電子版)が2日伝えた。 ミャンマー衣料労働者連盟(FGWM、Fed…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国営航空に政府が緊急融資へ コロナ打撃、国際線は運休延長(06/05)

コロナ基金、1千社超に375億チャット融資(06/05)

道路局での申請、ネット事前予約が必要に(06/05)

バングラからの帰国者1人感染確認、4日朝(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

MAB銀が投入、国内最高金利の貯蓄預金(06/05)

医療アプリのミャンケア、スカラが出資(06/05)

欧州に材木の違法輸出疑惑、政府は否定(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン