清明節の感染リスクを警戒 墓参り抑制、首都は「隔離」強調

中国政府が4日の清明節を前に、新型コロナウイルスの感染再発に神経をとがらせている。週末から3連休となることに加え、清明節伝統の墓参りで多くの人出が予想されるためだ。当局は墓地への入場を予約制にしたり、インターネットのバーチャル供養で代替するよう呼び掛けたりする…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

南洋大とFB、データセンターの専門家育成(20:53)

財新製造業PMI、5月は50台回復(19:45)

新型コロナ感染者16人増、1週間ぶりの2桁(21:52)

テイクオフ:通勤を自転車に代えた。…(06/01)

政府が少子高齢化に大なた 24年までに介護予算を600億元へ(06/01)

米国の対中制裁に政府猛反発 香港優遇措置の撤廃や留学生制限(06/01)

TSMC、7ナノで車用半導体事業に参入(06/01)

中国の香港統制著しく強化、米国務省報告(06/01)

成長率目標「あった方がいい」、政策担当者(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン