清明節の感染リスクを警戒 墓参り抑制、首都は「隔離」強調

中国政府が4日の清明節を前に、新型コロナウイルスの感染再発に神経をとがらせている。週末から3連休となることに加え、清明節伝統の墓参りで多くの人出が予想されるためだ。当局は墓地への入場を予約制にしたり、インターネットのバーチャル供養で代替するよう呼び掛けたりする…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者2人増、累計8万2995人(13:07)

テイクオフ:ローカル気分を味わうた…(05/28)

香港安全法、米が制裁に傾斜 大統領、「今週中に発表」(05/28)

雇用安定へ「あらゆる手段」 企業負担を軽減、補助金も活用(05/28)

鴻海などEMS3社、中国工場で採用活動(05/28)

縫製品の材料輸入5%減、コロナ禍で受注減(05/28)

工業企業利益、1~4月は27.4%減(05/28)

大立光電が蘇州工場を売却、台湾回帰へ(05/28)

国家安全法、金融システム損なわず=金管局(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン