19年の半導体材料市場、台湾が首位維持

国際半導体製造装置材料協会(SEMI)によると、台湾半導体材料市場の2019年の売上高は前年比2.4%減の113億4,000万米ドル(約1兆2,300億円)だった。10年連続で世界首位。中央通信社などが伝えた。 世界全体の売上高は1.1%減の521億4,000万米ドルで、台湾は21.7%を占めた。…

関連国・地域: 中国台湾韓国日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、新北市のモーテル…(06/03)

新車へのコロナ悪影響続く 5月は1割減の3.3万台(06/03)

仁宝の桃園工場、ベトナム人労働者がスト(06/03)

台湾大哥大、自動車向けOTAで提携(06/03)

集合制限令と入境制限を延長、香港政府(06/03)

HTCがまたリストラ、5年で5度目(06/03)

ノートPC出荷、今年は8%減も=MIC(06/03)

鴻海系FII、中国大手とIIoTで提携(06/03)

台塑石化董事長、今年の石化景気を悲観(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン