• 印刷する

EC大手クーパン、簡易決済事業を分社化

韓国電子商取引(EC)大手のクーパンは1日、簡易決済サービスの「クーペイ」事業を分社化して「クーパンペイ(仮称)」を設立した。今年上半期の本格サービスを目指す。

クーペイの利用者数は既に1,000万人を超えており、決済額ではすでに国内3位の規模。クーパンの関係者はNNAの取材に対し、「クーパンペイはモバイル決済だけでなく、総合的なフィンテック(ITを活用した金融サービス)プラットフォームとしての発展を目指す」との意気込みを示した。

韓国では、クレジットカードや生体認証などを利用してモバイルで手軽に決済できる簡易決済市場が急成長している。韓国銀行(中央銀行)によると、2019年の簡易決済サービスの利用実績は1日平均602万件で前年比56.6%増、金額ベースでは1,745億ウォン(約154億円)で44.0%増加した。                                                                    


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「アイ・キャン・スピー…(05/26)

支援金すでに9割以上が受給 IT基盤で即入金、賑わう商店(05/26)

新型コロナ感染者、16人増の1万1206人(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

バス・タクシーもマスクを、26日から義務化(05/26)

遊興施設の入店者情報、QRコードで把握(05/26)

社会保険の滞納増、コロナで経済悪化続く(05/26)

統一企業、M&Aやアライアンスを加速(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン