華為の19年売上8588億元、端末事業がけん引

通信機器大手の華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)は3月31日、2019年12月期本決算を発表した。売上高は前年比19.1%増の8,588億3,300万元(約13兆1,200億円)、純利益は5.6%増の626億5,600万元だった。スマートフォンなどの売り上げが業績をけん引した。 売上高は米ドル換…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「マスクバブル」はじける 生産設備、材料価格が大幅下落(06/05)

コンビニが堅調、チェーンストア100社ランク(06/05)

地方債の発行額、5月は1.3兆元で過去最高(06/05)

県クラス都市でのインフラ建設加速、発改委(06/05)

国家安全法「極めて少数が対象」、韓副首相(06/05)

1~4月のサービス貿易、13%減の1.5兆元(06/05)

感染追跡アプリ義務化、中国からの渡航者に(06/05)

中国、香港マカオ担当組織を格上げか(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン