コロナの偽ニュース横行、政府は処罰方針

新型コロナウイルス感染症について、ミャンマーのSNS上でフェイクニュースが拡散している。政府は、保健・スポーツ省の公式ホームページなどから正しい情報を確認するよう呼び掛けるとともに、フェイクニュースを流布するインターネット利用者を処罰する方針を明らかにしている…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品IT・通信政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

公務員の全員出勤を再開、6月1日から(19:05)

印から帰国者4人感染、累計228人=1日朝(14:20)

国内のコロナ規制を大幅緩和 空路封鎖は継続、帰任見通せず(06/01)

印から帰国者17人感染、累計224人=31日朝(06/01)

投資委、LNG発電所など9件認可(06/01)

アジア開銀から2千万ドル、新型コロナ対策(06/01)

シンガポール政府機関、インフラ開発で支援(06/01)

ミャンマー国際航空、ソウル貨物輸送を拡大(06/01)

送金アプリのワンペイ、利用者15万人に(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン