• 印刷する

スマホ位置情報での感染監視、豪は不支持

オーストラリアのモリソン首相は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的に、スマートフォンなど携帯電話の位置情報データを取得して市民の居場所を特定する手段はとらない方針だ。英国などでは、通信事業者が匿名で位置情報を政府に提供し、感染経路の特定や社会的距離の順守状況の監視に利用しているが、専門家はプライバシー保護の観点から、連邦政府の方針を評価している。

同首相は「英国などの方法は模倣しない。市民が社会的距離を順守すれば、状況を打破することができる」と述べた。

一方政府は、シンガポール政府が開発した、任意の位置情報収集アプリの効果を査定しているようだ。市民はアプリを通し位置情報を共有することができ、プライバシーを最大限に保護しながら、医療機関が感染者と濃厚接触した可能性のある人を特定することが容易になるという。

■新興企、コロナ対策に軌道修正

地場スタートアップ企業が、新型コロナの拡大防止に向け、次々と商品開発を軌道修正している。

人工知能(AI)企業Caluminoは、販売開始目前だった赤外線画像センサーを改修し、2秒以下で体温を測定できるAIを搭載した靴箱サイズのデバイスを開発。公共での検疫に有効活用できるとみられる。

バイオテック企業SpeeDxは、元々性感染症を診断するツールを開発していたが、今は新型コロナの診断キットの開発に切り替え、6月の利用開始を目指しているという。


関連国・地域: シンガポールオーストラリア欧州
関連業種: 医療・医薬品IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

信頼される豪ブランドにバニングス、トヨタも(18:07)

豪の渡航解禁先、7月からNZと太平洋諸国か(18:10)

テイクオフ:オーストラリアで、電話…(05/28)

初等教育支援へ教材を配布、豪欧が共同で(05/28)

豪消費者支出、回復傾向か 旅行予算前借りの可能性も(05/28)

商業施設、小売店の営業再開増加で客足戻る(05/28)

産業相、服飾業界と復興に向けて課題を整理(05/28)

シドニー―メルボ航空運賃、7月大幅値引き(05/28)

シドニー高級ホテルにヘリポート、復興に貢献(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン