鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業が3月30日発表した2019年の連結決算は、純利益が前年比11.2%減の1,153億900万台湾元(約4,142億円)だった。過去6年で最低の水準に落ち込んだ。従来の労働集約型から知識集約型への事業転換を進めたことや第4四半…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ警戒第3級、7月12日まで延長(15:16)

コロナ域内感染、3日ぶり100人超(16:19)

金管会と米テキサス州、銀行監督で連携(13:24)

入国後の待機期間、14日間に短縮(15:50)

テイクオフ:台湾で新型コロナウイル…(06/23)

外国人労働者の管理に新規定 コロナ拡大で、対応遅れ指摘も(06/23)

新型コロナ域内感染、2日連続で2桁(06/23)

接種対象を拡大、65歳以上から可に(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン