• 印刷する

二輪ヒーロー、取引先への支払いを一部停止

インドの二輪車最大手ヒーロー・モトコープが取引先に対し、一部の支払いを停止すると通知していたことが分かった。エコノミック・タイムズ(電子版)が3月30日に伝えた。

インド政府は、新型コロナウイルス感染症への対応として、4月14日を期限に国内全域に移動制限を課している。ヒーローが支払いの一部停止を決めたのは、移動制限の影響で製品の販売が停止しており、売掛金の回収のめどが立たないためだ。今後支払われるのは請求額の25%という。

ヒーローは声明で、取引先に通知を出したことには触れず「規模の小さい多くの取引先に全額を期日通り支払うことを最優先にしている」とコメント。その他の企業に対しては段階的に支払っていると説明した。

インドは、きょう1日に新しい排ガス規制「バーラト・ステージ6(BS6)」を導入し、現行の「BS4」に対応した車両の販売を原則的に禁じると発表していた。ただ、最高裁判所の直近の判断によって、移動制限が終了してから10日以内は在庫の10%まで販売が可能になる見通し。

国内で売れ残っているBS4に対応した二輪車は70万台前後で、メーカー別ではヒーローの製品が最も多いとされる。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アフリカを襲った「サバ…(05/28)

消毒サービスに参入続々 日系も開始、トンネル型が人気(05/28)

オラが蘭電動二輪を買収、世界市場参入へ(05/28)

二輪ロイヤル、個別大量生産に注力(05/28)

電動二輪アザー、シェアサービス企業と提携(05/28)

シュコダ、SUV「カロック」を発売(05/28)

現代自動車、22日間で5600台を納車(05/28)

タタ自、社債発行で100億ルピー調達(05/28)

自動車業界向けの新規制、一部の導入を延期(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン