• 印刷する

給与計算する社員の出社、31日か1日は許可

マレーシア人的資源省は30日、新型コロナウイルス感染症の封じ込めのために実施している活動制限令中に、民間企業で給与計算に従事する経理・人事担当社員2人までの出社を、今月31日か4月1日のいずれか1日のみ認めると明らかにした。地元各紙(電子版)が伝えた。

雇用主には、従業員の氏名、身分証明書の番号および雇用主の電話番号を記した出勤許可の文書を発行することが求めらる。従業員は文書を携行し、通勤途中で当局に移動の理由を尋ねられた際に提示する必要がある。

マレーシアの活動制限令は、今月18日から来月14日までとなっている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナからの回復計画発表、総額350億リンギ(06/05)

4月輸出は24%減、制限令で 工場停止響き10年半ぶり落ち込み(06/05)

RM1=25.5円、$1=4.28RM(4日)(06/05)

日鉄エンジ、廃棄物発電に向けた調査を実施(06/05)

きょう経済回復計画発表か、政権手腕に注目(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

1Q失業者は42%増、社会保障機構が報告書(06/05)

5人に1人が失業、ジョブストリート調査(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン