• 印刷する

テイクオフ:間もなくに迎える4月2…

間もなくに迎える4月2~5日は清明節の連休だ。台湾では清明節に多くの人が帰郷して墓参りをする。ただ今年は新型コロナウイルス感染症の感染リスクが高まることから、政府は墓参りの日を平日にずらすなど人混みを避けるよう呼び掛けている。連休中に納骨堂への入場制限をかけたり、専用バスの運行を停止したりする県市もある。

政府がオンラインでの墓参りを提案しているのも興味深い。政府のオンライン墓参りのサイトを見ると、メールアドレスなどを登録後に故人の名前を入力すると、墓と故人の名が入った位牌のイラストが現れる。イラストの線香、果物、花の供え物ができることも妙にリアルだ。

自粛ムードでも、家の中なら気兼ねなく墓参りができる。このようなサービスを政府から出すところに台湾らしさを感じる。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

みずほがスタートアップ支援、南科とタッグ(05/29)

大聯大、香港など各地でスマート倉庫建設へ(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

泰博のコロナ検査試薬、7月にも輸出開始へ(05/29)

誠品書店がマレーシアに出店へ、東南ア初(05/29)

雲品酒店が中国市場進出へ、杭州にホテル(05/29)

聖暉董事長、上期の新規受注100億元規模に(05/29)

航空2社、機体担保に資金借り入れ(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン