• 印刷する

新型コロナ対策、実行責任者に大統領顧問

フィリピン大統領府は26日、政府の新型コロナウイルス対策の実行責任者に、イスラム系反政府勢力との和平プロセスを担当する大統領顧問のカリート・ガルベス氏を任命したと発表した。

新型コロナ対策に関する省庁間の作業部会が出したガイドラインや命令が、確実に順守されるようにすることが職務となる。市民の安全や生活保護、政府が市民を支援するため編成した予算の円滑な執行にも目を配る。

ガルベス氏は軍人出身で、フィリピン国軍(AFP)の参謀総長を務めた経歴を持つ。2018年12月に和平担当大統領顧問に就任していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビサヤ諸島やミンダナオ…(05/28)

保険各社、ネット販売に活路 コロナ対策で認可、新規需要狙う(05/28)

コロナ感染新たに380人、累計1万5049人(05/28)

外出制限緩和を提案、首都圏開発庁(05/28)

統合IRのオカダ、コロナで1000人削減(05/28)

比越首脳が電話会談、南シナ海問題で協力(05/28)

1.3兆ペソの景気刺激法案、下院委が可決(05/28)

港湾ICTSI、貨物量が年初来2割減(05/28)

アジア開銀、資本市場強化に4億ドル融資(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン