• 印刷する

休日勤務手当を撤廃へ、労組と雇用主が合意

オーストラリアサービス労組(ASU)が、新型コロナウイルス感染症の拡大により打撃を受ける雇用市場を救済するため、ペナルティーレート(日曜や休日勤務に支払われる手当)を一部撤廃することで雇用主と合意した。平日は午前6時~午後11時、土曜日は午前7時~12時半の時間帯において、手当の対象外となる。追加の労働コストなしで在宅勤務と出勤を柔軟に調整することができるようになり、雇用主と従業員の双方に恩恵があるという。

今回撤廃の対象となるのは、事務職を対象とするクラークス・アワード(Clerks Award)の下で雇用されている約130万人の従業員。オーストラリア商工会議所(ACCI)などとASUが交渉を続けてきた。

最低労働時間についても短縮され、在宅勤務を強いられているカジュアル労働者(非正規雇用者)とパートタイム労働者は、最短2時間のシフトで勤務することが可能となる。

一方、日曜日のペナルティーレートは引き続き適用される。

雇用主については、1週間前の通知により、従業員に年次休暇を取得するよう指導することが可能となる。

ASUのポッター秘書官は「今回の変更は実用的かつ一時的なもので、新型コロナによる難局に対応したもの」だと評価した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで新型コ…(05/26)

豪NZの開放、QLD州は後? 豪首相、州境閉鎖固持に警告(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

〔ポッサムのつぶやき〕QLDの五輪立候補、東京五輪延期で暗雲(05/26)

VIC州、自宅の集合人数を20人に拡大(05/26)

〔オセアニアン事件簿〕WAに巨大サイクロン、停電被害6万件(05/26)

シドニー空港、他国空港と安全対策協議へ(05/26)

〔オセアニアン事件簿〕カンタス、ジョブキーパーで不正?(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン