• 印刷する

主要港の貨物輸送、29日まで期間限定で許可

マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)は26日、マレーシアの主要港に保管された全ての物品の輸送が29日まで期間限定で政府に認められたと明らかにした。

マレーシア運輸省が26日、スランゴール州・クラン港、ペナン州・ペナン港、ジョホール州・パシルグダン港に保管されている全ての物品について、3月27~29日の期間限定で1日24時間体制で輸送を認めると発表した。各港の倉庫にほぼ保管能力いっぱいまで貨物が滞留しているため、今ある全ての貨物を倉庫から搬出する。また、活動制限令中の間、輸入された生活物資が港に滞留して供給が遅れることのないよう、生活必需品以外の貨物を一時的に港湾外の倉庫に保管することを認める。

マレーシア連邦警察(PDRM)は27~29日の間、運送業者の車両が生活必需品、非必需品を含む全ての貨物をスムーズに目的地に運べるよう保証する。

マレーシア貨物フォワーダー連盟(FMFF)は先に、国内港湾が生活必需品以外の貨物であふれ、港湾機能に支障を来す恐れがあるとの懸念を表明していた。

運輸省はまた、活動制限令中もサプライチェーンが寸断されないよう、全ての輸出活動の継続は許されていると声明に明記した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人労働者住宅に基準、順守に3カ月猶予(05/29)

コロナ禍でも転職活動活発、リーラコーエン(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(05/29)

RM1=24.7円、$1=4.36RM(28日)(05/29)

誠品書店がマレーシアに出店へ、東南ア初(05/29)

アクシアタ、5G調達先に華為含む2社検討(05/29)

高等教育機関のオンライン授業、年内継続(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン