北京のPM2.5濃度、1~2月は15.1%上昇

北京市生態環境局は25日、同市における今年1~2月のPM2.5(微小粒子状物質)の平均濃度は1立方メートル当たり61マイクログラムで、前年同期に比べ15.1%上昇したと発表した。 国が定める基準値(35マイクログラム)に達した日数は46日で、生態環境局の測定基準で大気が「優良…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

無症状感染者60人増、うち7人は海外から(12:45)

清明節の感染リスクを警戒 墓参り抑制、首都は「隔離」強調(04/03)

中古車と廃車の法規改定、消費促進へ商務省(04/03)

2月の中古車取引、前月比9割減(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

アフリカ豚熱の流行下火、今年は6件(04/03)

公共交通を電気自動車に、35年に全面導入(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン