• 印刷する

2月の新車販売17%減、2カ月ぶり2桁減

タイ国トヨタ自動車(TMT)が26日発表した2020年2月のタイの新車販売台数は、前年同月比17.1%減の6万8,271台だった。9カ月連続で前年同月を下回り、2カ月ぶりの2桁減となった。乗用車、商用車ともに2桁減少した。

TMTは、国内経済の減速に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念が消費者心理に影響したとの見方を示した。

2月の販売を車種別に見ると、乗用車は15.6%減の2万7,356台、商用車は18.1%減の4万915台だった。商用車のうち、1トンピックアップトラック(乗用ピックアップ=PPV=含む)は18.5%減の3万3,376台となった。

メーカー別では、日系9社が16.7%減の5万9,629台で、シェアは87.3%だった。首位のトヨタ自動車は27.2%減の1万8,606台と2桁のマイナス。2位のいすゞ自動車も2.1%減の1万4,484台に落ち込んだ一方、3位のホンダは0.7%増の9,761台と微増ながらもプラスを維持した。外資系では米フォード・モーターが37.8%減の2,863台に落ち込んだ一方で、中国の自動車大手、上海汽車集団(SAIC)の「MG(名爵)」ブランドは6.4%増の2,023台となり、外資トップのフォードとの差は840台となった。

車種別のトップ3は、乗用車がホンダ、トヨタ、日産自動車、商用車とピックアップは、いすゞ、トヨタ、三菱自動車だった。

1~2月の累計販売台数は、前年同期比12.8%減の13万9,959台。乗用車が7.9%減の5万7,687台、商用車が15.9%減の8万2,272台だった。商用車のうち、1トンピックアップトラックは17.3%減の6万6,667台となった。

※関連記事:2020年2月のタイの新車販売台数(表)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン