• 印刷する

タミルナド州、医薬品原薬の工業団地を設置

インド南部タミルナド州政府は、医薬品原薬(API)に特化した工業団地を設置する計画を明らかにした。投資額は約77億ルピー(約112億4,000万円)。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が25日に伝えた。

設置先はティルバンナマライ地区のチェイヤール。同州のパラニスワミ州首相はAPI向け工業団地について、約650エーカー(約263ヘクタール)の敷地に、研究開発(R&D)施設や倉庫、廃棄物処理設備なども整備すると説明した。

同州政府がAPI工業団地の設置を発表した背景には、新型コロナウイルス感染症の影響で、APIの供給が停滞するとした懸念の高まりがあるとみられる。インドは、APIを中国などからの輸入に頼っている。

タミルナド州政府はまた、約11億ルピーを投じて、新型コロナ専門の対応施設を複数の都市に開設する方針だ。


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ対策の全土封…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

政府が農業支援を強化 1兆ルピー基金でインフラ構築へ(08/11)

自動車小売り販売、7月は36%減(08/11)

ルノー、4~7月に販売拠点を17カ所増設(08/11)

サムスン、印スマホ市場でシャオミに後塵(08/11)

ダイムラー、中古トラック販売に参入へ(08/11)

マヒンドラ、米国工場の建設計画を中止(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン