• 印刷する

テイクオフ:一時帰国でトランジット…

一時帰国でトランジットした香港の空港で、「中国・武漢で肺炎が…」というアナウンスを何度も耳にしたのは年末年始のこと。インド北部で開かれたモーターショーで中国メーカーのブースを取材し、「中国加油!(がんばれ中国)」とSNSに投稿したのが2月の頭だ。

そして、いま。中国にマスクを送る手配をしていたあの頃は、中国に住む友人から逆にこんなに心配される日が来るなんて、思いもしなかった。イタリアのオーバーシュート(感染爆発)、パンデミック(世界的大流行)、インドの封鎖と、環境はめまぐるしく変化した。その裏で、対策を徹底して国内の感染拡大を停止させた中国はすごい。

モディ首相は24日、「ソーシャル・ディスタンシング(社会と距離を保つこと)が、ウイルスに対処する唯一、効果的な手段だ」と演説した。ぐうの音も出ない。しばし、孤独を堪え忍ぼう。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

3月の乗用車販売、各社マイナス4割超(04/03)

3月商用車販売、主要6社が7割以上の減少(04/03)

二輪ヒーロー、値引きでBS4車の在庫整理(04/03)

車メーカーがネット販売に注力、コロナ影響(04/03)

モバイルクリエイト、印同業の株式取得(04/03)

インパクト、デリーなどでコンビニ営業再開(04/03)

封鎖関連の港湾使用料、船舶省が免除を指示(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン