豪GDP10%減少も?連邦予算は赤字転落へ

オーストラリアの第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP)は、10%のマイナス成長となり、統計開始以来最大の悪化となる可能性がある――。JPモルガンのエコノミストが予測している。新型コロナウイルス感染症の拡大防止策により、多くの事業が存続の危機にひんしているこ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ流行後、「新…(06/04)

アヤラ系電力、豪社に出資 9千万豪ドル、再生エネ事業拡大(06/04)

豪GDP、前期比0.3%縮小 「29年ぶりリセッションに突入」(06/04)

〔ポッサムのつぶやき〕オージーが世界一!買い占め度合いで(06/04)

商業施設、小売テナントの賃料支払い半減(06/04)

後払い急成長、クレカ利用は減少へ=ジップ(06/04)

豪4月建設認可、コロナ渦で1.8%減少(06/04)

NSWとVIC、印紙税廃止で土地税導入も(06/04)

政府の住宅補助、10億$規模も短期的か(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン