政策金利据え置き、20年のマイナス成長予測

タイ中央銀行(BOT)は26日、金融政策委員会(MPC)を開き、政策金利(翌日物レポ金利)を現行の0.75%に据え置くことを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済への影響を考慮し、MPCの委員7人のうち2人が0.25ポイントの引き下げに投票したが、4人が据え…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「最前線に立つ人」を意…(04/07)

【中進国の罠】人口ボーナスに強みとリスク インドネシア、世界5位の経済国へ(04/07)

経済対策の第3弾、低利融資など5.6兆円規模(04/07)

新規感染51人、前日から半減(6日)(04/07)

タイ行きの航空機の運航禁止、18日まで延長(04/07)

内務省、各知事にコロナ対策強化の準備指示(04/07)

保健省、全国のホテル1.6万室を隔離に利用(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン