• 印刷する

テイクオフ:今月4日、香港の通信事…

今月4日、香港の通信事務管理局は、地上波テレビ局に課してきた官営放送RTHK制作のテレビ番組放映義務を廃止した。地上波テレビ最大手の電視広播(TVB)は早速呼応。RTHKの番組放映打ち切りに乗り出した。

地上波テレビ局のRTHK番組放映義務は、アナログ放送時代、RTHKが自前のテレビチャンネルを持っていなかったことに起因する。しかし地上波がデジタル放送時代に入り、RTHKは自前のテレビチャンネルを開設した。これにより、従来の政策は意味が薄れたというわけ。

もっともこの政策変更は論議を呼んでいる。RTHKは香港政府を風刺する報道番組もみられる一方、TVBの報道は政府寄りとの批判が強いためだ。政府直営の放送局が多くの市民から「最も公正で客観的なメディア」と評価されている、香港特異のメディア事情がそこには見える。(和)


関連国・地域: 香港
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バーなどを2週間閉鎖、3日夕方から(12:46)

就職氷河期、大学生に試練 採用活動、延期・中止相次ぐ(04/03)

新型コロナ感染者37人確認、累計は802人に(04/03)

銀行への配当凍結要請、金融管理局が否定(04/03)

政府が基金で外食産業支援を約束、議員説明(04/03)

苦境の美容業界、政府に支援呼び掛け(04/03)

ドンキ、中環に出店か(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン