• 印刷する

テイクオフ:一時、香港で落ち着いて…

一時、香港で落ち着いてきたように思えた新型コロナウイルス感染症が再び広がっている。

感染が世界中に広がっていく前、危機感を抱いた多くの香港人はマスクを着けたり、手洗いの頻度を意識的に増やしたり、外出を控えたりすることで、感染者の増加ペースは低水準を維持していた。しかし、海外旅行や留学から帰ってきた香港人の感染者がこの数日間急増している。高度にグローバル化した今の世の中、自分だけを守ることなんて不可能だ。

先月の自粛モードで、客足の減った小売り・飲食業界では弱音を吐くところも多かった。一時、商業施設や街頭を出歩く人の姿が増えたような気がしたが、感染者の急増を受けて政府が再び民間企業に在宅勤務を呼び掛けた。感染が完全にコントロールされるまでしばらく辛抱するしかなさそうだ。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「中央政府の支持」を前面に 施政演説、大湾区など推進(11/26)

本土からワクチン供給、感染者ゼロへ全力(11/26)

新たに85人感染、域内で84人=計5866人(11/26)

感染リスク通知アプリ、飲食店に運用義務(11/26)

10月の輸出減、市場の事前予測外れる(11/26)

香港取引所、本土間取引に新決済制度導入へ(11/26)

4日続伸、施政報告受け建設株高=香港株式(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン