• 印刷する

三菱マテリアル、西部プネに技術支援拠点

インド西部プネに開設したテクニカルセンター(三菱マテリアル提供)

インド西部プネに開設したテクニカルセンター(三菱マテリアル提供)

三菱マテリアルは23日、インド西部マハラシュトラ州プネに金属加工のテクニカルセンター「MTECプネ」を開設したと発表した。投資額は非公表。自動車産業を中心とした部品メーカーに対し、金属加工に関する技術サポートを行う。

MTECプネは、敷地面積2,063平方メートルの2階建てで、同社の加工事業カンパニーが19日に開設した。人員は9人。加工機械やコンピューターを利用した設計・製造装置のCAD/CAM、高精度測定器などを備え、切削試験や技術研修といった部品の切削加工に関する各種サービスを提供する。

三菱マテリアルの広報担当者によると、これまで技術支援は各販売拠点で行っていた。サービス体制を強化することで、インド国内での事業拡大に対応する。

テクニカルセンターの設置は、日本(2拠点)を含め世界で9拠点目。アジアでは中国とタイに次ぐ3拠点目となる。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西部ジャイプールの企業…(06/04)

データセンターに太陽光発電 NTT子会社、需要増で事業拡大(06/04)

帰国者の感染確認続く、累計233人=3日朝(06/04)

インドの二輪2社、アフリカで躍進(06/04)

5月の二輪販売、主要2社が8割減(06/04)

タタ自、国内の全工場で生産を再開(06/04)

車部品マザーサンスミ、昨年度は増収減益(06/04)

本年度の自動車需要、最大25%減=ICRA(06/04)

中部州に鉄鋼製造業の集積地、政府が計画(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン