経済自由度ランク、香港はトップから転落

米保守系シンクタンクのヘリテージ財団が17日発表した2020年版「経済自由度指数」で、香港はシンガポールに次ぐ2位となり、1995年の指数開始以来、初めてトップの座を明け渡した。19年の「逃亡犯条例」改正案をきっかけに広がった政府などへの抗議活動やそれに伴う社会混乱などを…

関連国・地域: 中国香港シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テレワーク、対話に配慮を 遠隔の課題克服へ、専門家に聞く(09/29)

キャセイCEO、過剰人件費「最大の課題」(09/29)

賃金補助なければ廃業の波、延長求める声(09/29)

新規感染者10人、域内例3人=計5075人(09/29)

反発、HSBCが大幅上昇=香港株式(09/29)

天星銀行、年内に中小企業向け融資開始(09/29)

金融業の雇用創出計画、30日から申請受付へ(09/29)

静かな国慶節連休に、コロナで本土客なく(09/29)

週末住宅取引、新築は過去3カ月で最多(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン