• 印刷する

電子受託IMI、中国工場の稼働再開

フィリピンの財閥アヤラ・コーポレーション傘下の電子機器受託製造サービス(EMS)大手、インテグレーテッド・マイクロエレクトロニクス(IMI)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大により生産を一時停止していた中国の工場で生産を再開したと発表した。5都市にある工場の稼働率は85~98%に回復しているという。

広東省深セン市の坪山区、同葵涌街道、浙江省嘉興市、四川省成都市、江蘇省蘇州市にあるIMIの5工場が、10日に生産を再開した。現在までに新型コロナウイルス感染症を発症した従業員はいないという。工場停止に伴う損失額などは明らかにしていない。

IMIは、新型コロナウイルスの発生に伴う地元政府の判断を受け、1月30日に春節(旧正月)明けの操業再開を延期することを発表していた。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 医療・医薬品その他製造IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マルコス政権に高い評価 経済政策「安定」、発足100日(10/07)

新政権の物価対策に期待、批判意見も(10/07)

マルコス氏の外交は「成功」、大学教授(10/07)

南北通勤鉄道、新たに建設4件発注(10/07)

8月失業率5.3%、コロナ後で最低水準(10/07)

トヨタ現法、中古車の新事業開始(10/07)

サンミゲル、イリハン発電所を2月再稼働(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン