• 印刷する

山田コンサル、地場同業と業務提携

総合コンサルティング企業の山田コンサルティンググループ(東京都千代田区、YCG)は2月28日、シンガポール取引所(SGX)カタリスト市場上場の同業ZICOホールディングス(本社・マレーシア)と業務提携すると発表した。日系企業による東南アジアでの合併・買収(M&A)のニーズに応えるのが狙い。4月1日からの提携開始を予定している。

2月28日付で基本合意書を締結した。ZICO傘下の2社とも提携する。YCGシンガポール支店を中心に、各国のコンサルタントと連携しながら協業する。

ZICOホールディングスは2010年設立で、シンガポールとマレーシアを中心に、東南アジア全域にネットワークを持つ。インドネシア、ラオス、ミャンマーには現地法人も置き、従業員数は5カ国合計で約140人だ。もともと法律事務所が出身母体のため、コンサルタントには弁護士も多く、特に法務・財務に強いという。

YCGシンガポール支店の坂野豪支店長によると、YCGが現地化を模索する一方で、ZICOホールディングスは日系企業へのアクセスを高めたいと考えており、双方の思惑が一致した。ZICOが持つ「日本の資本を受け入れたい現地企業」とYCGが持つ「東南アジアに投資したい日系企業」を、協業を通してマッチングしていく考えだ。

坂野支店長は「提携を通じて、東南アジアで日系企業のプレゼンスを高めるサポートをしていきたい」と意気込みを語った。


関連国・地域: マレーシアシンガポール日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

過去最多287人感染、計1910人(9日)(00:13)

外国人労働者の宿舎、軍投入で感染対策強化(04/09)

友人同士で外出も違法=大臣が強調(04/09)

デジタル銀行免許の付与を延期、年内発表に(04/09)

UOB銀のCEO報酬、19年は1.8%増(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン