パブリック銀、過去10年で初の減益

マレーシアの銀行大手パブリック・バンクが2月26日発表した2019年12月期連結決算は、純利益が前期比1.4%減の55億1,156万リンギ(約1,442億6,500万円)だった。昨年5月に翌日物政策金利(OPR)が引き下げられたことで収益が圧迫され、過去10年間で初の減益となった。経常収益…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の実家では、11日…(08/12)

コロナ適応でデジタル化進展 東南アで若者のオンライン利用増(08/12)

駐在員の出入国申請、17日から新システム(08/12)

入国者の隔離、研修施設は100リンギに減額(08/12)

RM1=25.3円、$1=4.20RM(11日)(08/12)

ヘルステックで地場との協業支援、ジェトロ(08/12)

手袋スーパーマックス、4~6月の利益29倍(08/12)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(6月) 上昇率が5カ国で加速、原油高などで(08/12)

ゴム手袋ハルタレガ、ス州セパンに土地取得(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン