《労使》労働力のシェアリングが拡大 異業種間で需給調整、政府も支援

中国の労働力市場で現在、飲食企業などの余剰人材を物流企業や製造企業に貸し出す「共享員工(従業員のシェアリング)」と呼ばれる取り組みが活発化している。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の影響から、労働力市場のバランスが大きく崩れたことが背景。雇用の安定…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

無症状感染者60人増、うち7人は海外から(04/03)

清明節の感染リスクを警戒 墓参り抑制、首都は「隔離」強調(04/03)

中古車と廃車の法規改定、消費促進へ商務省(04/03)

2月の中古車取引、前月比9割減(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

アフリカ豚熱の流行下火、今年は6件(04/03)

公共交通を電気自動車に、35年に全面導入(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン