投票資格変更が下院で承認、少数民族が反対

ミャンマーの少数民族政党は、有権者と居住地に関する投票規定の変更が下院で承認されたことを受け、共同声明を発表し、変更への反対を改めて表明した。電子メディアのイラワジが26日伝えた。 ミャンマー選挙管理委員会(UEC)は2019年10月、「有権者は180日以上居住している地…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

米国帰り女性の感染確認、計21人に=5日朝(18:42)

ヤンゴン、ミャンマー正月の外出自粛を要請(18:22)

マンダレー、貨物車両と自家用車のみ通行可能に(18:22)

感染者の家族4人陽性、計20人に=3日朝(18:23)

欧州企業、6割以上が打撃 コロナ影響で収益性が悪化(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

感染16人に、新たに63歳女性=2日正午(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン