• 印刷する

三菱電機、政府系医療施設で昇降機64台受注

医療施設の外観イメージ図(三菱電機提供)

医療施設の外観イメージ図(三菱電機提供)

三菱電機は27日、インド北部ヒマチャルプラデシュ州の政府系医療施設向けにエレベーター64台を受注したと発表した。うち48台はインド向けに設計した専用機種だ。医療施設の2020年12月の完工に合わせ、3月から順次納入していく。受注額は非開示。

インド法人三菱エレベーター・インド(IMEC)が、医療施設の開発を請け負うナガルジュナ・コンストラクション・カンパニー(NCC)から受注した。昨年9月に契約を締結していた。

受注したエレベーターは、現地生産するインド専用機種「ネクシーズ・ライトMRL」が48台、タイで生産する海外向け機種「ネクシーズMRL」が16台。インドの保健・家族福祉省がヒマチャルプラデシュ州ビラスプールで設置を進める医療施設「AIIMS(エイムズ)ビラスプール・ヒマチャルプラデシュ」に納入する。三菱電機は「高い信頼性が求められる医療施設において、当社の製品やサービスの品質が評価された」と説明した。

ネクシーズ・ライトMRLは、昨年4月に販売を開始した。インドの電力事情に合わせ、停電時に最寄りの階に着床する自動着床装置や、ドアに挟まれるのを防止するマルチビームドアセンサーを標準装備した。インド国外へは輸出していない。

ネクシーズ・ライトMRLは南部ベンガルール(バンガロール)の工場で生産している。工場の建設には18億3,300万ルピー(約28億1,900万円)を投じ、16年9月に稼働を開始した。現地生産により、納入までのリードタイムの短縮や輸送費用の削減につながった。工場の年産能力は5,000台。敷地面積は8万9,000平方メートル。機械室があるタイプのインド向け機種「ネクシーズ・ライト」も現地生産している。広報担当者によると、IMECの本年度(19年4月~20年3月)の販売目標は1,200台。

三菱電機によると、インドの18/19年度(18年4月~19年3月)の昇降機の新設台数は6万3,000台で、中国に次ぐ世界第2位の市場となっている。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

中国国境での輸出がまた減少 3月末は2割減、タイ国境は活況(04/09)

テイクオフ:シンガポールのリー・シ…(04/09)

パキスタン封鎖で日系に打撃 14日まで2週間、車工場など停止(04/09)

完成車各社が不可抗力宣言、部品業界に影響(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン