特定産業の関税優遇、20年の予算は19%削減

インドネシア財務省は、特定産業が商品や原料を輸入する場合、政府が輸入関税を負担する優遇策(BMDTP)の2020年の予算額を、前年比19%減の4,055億7,000万ルピア(約32億3,700万円)に設定した。対象となる分野も前年の36分野から20分野に削減した。26日付コンタンとビスニス…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの検査キット、地場企業が開発(04/06)

テイクオフ:新型コロナ対策で政府の…(04/07)

【中進国の罠】人口ボーナスに強みとリスク インドネシア、世界5位の経済国へ(04/07)

今年の新車販売60万台止まりか、協会副会長(04/07)

五菱が工場生産を停止、6日から2週間(04/07)

3千社の119万人が在宅勤務を導入、首都(04/07)

全国で13万人超が自宅待機や解雇=労相(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン