• 印刷する

シンガポール航空、新型肺炎で追加減便

シンガポール航空(SIA)は、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、世界各都市への路線をさらに減便する。これまでの発表分と合わせ、2~5月末の旅客収容能力を7.1%減らす予定だ。

傘下の短・中距離路線の子会社シルクエアーと合わせて実施する。日本便は、18日に発表していた分を含めて成田線のSQ637、SQ638と羽田線のSQ630~636とSQ639のほか、大阪線のSQ618~623、名古屋線のSQ671とSQ672、福岡線のSQ655とSQ656、広島線のMI867とMI868で、それぞれ一部の便を欠航する。

このほか、米国、欧州、東南アジア、南アジア、オセアニアなどの各都市の路線も減便する。

SIAグループでは既に、新型肺炎の感染が拡大する中国本土や他都市向けで減便措置を取っていた。需要低迷を受けて、さらに減らすことにした。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染106人、計1481人(7日)(01:25)

テイクオフ:ニューヨークやパリから…(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

オフィス賃料、コロナで下落基調の予測(04/08)

年次株主総会など、新型コロナで期限延長(04/08)

テナント賃料を一時免除、地場大手2社(04/08)

スーパーNTUC、在庫完備・価格維持を強調(04/08)

中小企業融資枠組み、既に660社余りが活用(04/08)

地場銀が一部支店閉鎖、政府の感染対策で(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン