書店株主に懲役10年、禁書で違法情報提供罪

【香港共同】香港で中国本土の禁書を扱っていた「銅鑼湾書店」親会社の株主の桂民海氏が25日までに、中国浙江省寧波市の中級人民法院(地裁)から、海外への違法情報提供罪で懲役10年の判決を宣告された。香港メディアが報じた。 桂氏はスウェーデン国籍だったが、同法院の発表に…

関連国・地域: 香港
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港は来週10日(金)…(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

香港の英銀2行、配当を中止 「逆風に備え」英金融当局指導で(04/02)

51人の感染確認、生後40日の乳児も(04/02)

強制検疫の適用除外、企業の申請始まる(04/02)

香港政府、コロナ対策でカラオケ店など閉鎖(04/02)

小売ラッキー、非接触型決済システムを導入(04/02)

3月のカジノ総収入8割減、コロナ影響続く(04/02)

小売り2千社が一時休業を検討、消費低迷で(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン