解党の新未来党、首相の汚職関与疑惑を指摘

解党処分を受けたタイの野党「新未来党」で広報を担当していた元幹部のパンニカ氏は23日の会見で、プラユット首相のこれまでの施政を批判し、不信任の審議を行う計画を明らかにした。不信任の理由の一つとして、プラユット氏が、マレーシアのナジブ前政権による政府系ファンド「1…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ最大のスラムを久し…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

ドンキ2号店、チットロム駅付近にオープン(04/01)

ノンタブリ県、コンビニの深夜営業を禁止(04/01)

伝統小売店もオンライン販売、商務省が支援(04/01)

215人が回復、新規感染127人上回る(31日)(04/01)

日本外務省、タイへの渡航中止を勧告(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン