• 印刷する

メコン川沿いで港湾開発計画、公共事業相

カンボジアのスン・チャントル公共事業・運輸相は21日、メコン川沿いで新たな港湾を開発する計画があると明らかにした。港湾物流のインフラ改善を図る。国営カンボジア通信が伝えた。

同相によると、南東部コンポンチャム州のトンレビス川と南部カンダル州カーム・サムノーの2カ所で港湾の開発を計画している。両地区にはそれぞれ、経済特区(SEZ)が建設される予定だ。港湾の建設事業は、プノンペン自治港(PPAP)が管理する見通し。

メコン川沿いではこのほか、小規模な港湾の開発計画も検討されているという。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

感染者110人に、首相は給料寄付も(04/03)

燃料価格引き下げ、08年以来の低水準に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

精米輸出を停止へ、コロナ対策で食料備蓄(04/03)

新法相が就任、司法改革に全力と抱負(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン