香港との租税条約、1月に発効

カンボジア財務経済省はこのほど、香港との租税条約が1月1日に発効したと発表した。2月7日に省令を施行した。二重課税回避と脱税防止を目的とする。プノンペン・ポスト(電子版)が20日伝えた。 カンボジアで投資や金融事業を手掛けるカンボジアン・インベストメント・マネジ…

関連国・地域: 香港カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日系企業に操業停止の動き 車部品需要が減、原料供給も不安(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

郡や州をまたぐ移動禁止、物資輸送は継続(04/10)

感染者119人に、国内初の再発確認(04/10)

新型コロナ対策費、1千億円を政府支出(04/10)

2週間の隔離義務づけ、全ての入国者対象(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン