建設業界、新型肺炎で不可抗力条項発動も

シンガポールの建設業界で、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受けて、工事契約順守の免除が認められる不可抗力条項(フォースマジュール)の発動を検討する動きが広がっている。中国人作業員が不足していることが背景にある。ロイター通信が18日に報じた。 不可抗力条項が発動…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

過去最多287人感染、計1910人(9日)(00:13)

外国人労働者の宿舎、軍投入で感染対策強化(04/09)

友人同士で外出も違法=大臣が強調(04/09)

デジタル銀行免許の付与を延期、年内発表に(04/09)

UOB銀のCEO報酬、19年は1.8%増(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン