マカオ、外国人労働者に珠海で検疫義務付け

マカオで20日から、過去14日間に中国本土を訪れたことがある外国人労働者は、マカオ入境前に広東省珠海市にある指定施設で14日間の医療観察を受けることが義務付けられる。18日付マカオ・デーリー・タイムズ(電子版)などが伝えた。 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「まさかこんなことにな…(03/31)

新築住宅販売、不振に拍車 集合制限令も影響、1Qは6割減(03/31)

美聯会長、上期に住宅価格5%下落を予測(03/31)

新たに41人感染、累計682人に(03/31)

マスク着用の義務化を提言、香港大専門家(03/31)

空港での唾液検査、全入境者に拡大(03/31)

政府、香港企業から医療防護服10万着を調達(03/31)

31歳男性ら3人に禁錮刑、強制検疫違反で判決(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン